モンゴル国
Mongolia

撮影日:2006年7月29日〜7月31日
2015年8月8日〜8月9日
撮影者:西本章二

画像をクリックすると大きな画像を見ることができます。

2006年
テレルジの
草原とゲル
テレルジの
草原
旅の安全を
祀るオボ
巨大な亀岩
テレルジ




テレルジの
風景01
「ゲル」に泊まる
ツーリストキャンプ
遊牧民の家
「ゲル」の内部
テレルジの
風景02




花畑
テレルジ
スフバートル広場
(ウランバートル)
ガンダン寺
(ウランバートル)
ザイサンの丘
(ウランバートル)


ウランバートルの風景
(ザイサンの丘から)
ウランバートルの風景
(ザイサンの丘から)
2015年
9年振りのモンゴルです。テレルジに向かう途中で、草原の中に何か見えてきました。 近づくと、それは巨大なチンギス・ハーン像でした。 内部はモンゴルの歴史に関する展示、土産物店などがあり、像の途中まで登ることもできます。 モンゴル馬はサラブレッドに比べると、かなり小型です。
日本のように柵の中ではなく、半野生状態で育てられています。 馬の背に揺られて、テレルジの草原をしばしトレッキング。 亀岩。影の中にいる人間と比べると、その巨大さが実感できます。 のんびり草を食む牛。ミルクは牛乳よりもヤクのものが好まれるそうです。
遊牧民の住居「ゲル」。一家三代7人が暮らしていました。 テレルジの夜明け。大草原に上がる朝日は不思議な色をしていました。 今回泊まったツーリストキャンプには何故か鯉のぼりが…。 ウランバートル郊外で開催されていた地方ナーダム祭。
競馬、相撲、弓矢などが競われる、モンゴル伝統のお祭りです。 馬に乗って観戦する人の多いこと。日本では考えられません。 ザイサンの丘からのウランバートルの風景。2006年の左下の写真と、ほぼ同じアングルです。 モンゴル郊外の開発の凄まじさは驚くほどです。空気も随分と汚れていました。
スフバートル広場横に建つオペラ座。シベリアに抑留された日本人の手によって建てられました。